現代生活の必需品!賃貸に住むならブロードバンド物件がおすすめ

面倒な契約手続きが不要なブロードバンド物件

賃貸物件を探している際に、ブロードバンド物件を謳う広告を見かけることがあるでしょう。料金が家賃に含まれている場合には、引っ越しする際に新たに契約を結ぶ必要が無く、大家が事前に一括契約しているので、転居日からすぐにインターネットが繋げます。退去時であっても、解約連絡をする必要も無いので、退去手続きを完了するだけで済むわけです。ブロードバンド回線契約は、開通工事と撤去工事の2回立ち合いが必要となるケースが多いので、一部の光コンセント化が完了している部屋以外では、転居日に合わせて立ち合い工事手配をする必要がありました。転居から数日は、インターネットが使えない生活を強いられることがあるので、仕事でインターネット回線を使う人にとっては面倒な手続きが不要となる分だけ、利便性が高いでしょう。

利用目的に合った回線種別か確認しよう

ブロードバンド物件として積極的に宣伝されていても、実際に利用目的に合った回線かどうかは確認が必要です。オンラインゲームや1対1でテレビ電話のように使う会議システムを動かしたい時には、グローバルIPアドレスが必要となります。ブロードバンド物件の中には、プライベートIPアドレスの付与しか行われないケースがある点に注意が必要です。双方向通信を行なう際には、光配線方式を採用した光ファイバー回線が最も有利となり、少なくともLAN配線方式に対応している必要があります。フルハイビジョン画質の映像を送受信するためには、最低12Mbps必要となるので、出来るだけ実測値で20Mbps以上上りも下りも確保出来る回線を選べば、多用途に使えるでしょう。ブロードバンド物件では、他の光ファイバー回線引き込み許可が下りないことが多いので、最初の回線種別確認が必要です。

函館の賃貸では、コンビニが徒歩圏内に存在する物件も多いため、買い物やATMの利用、料金の支払いなど、あらゆるシーンで役立ちます。